メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊国宝

360度神々しく

仁和寺の薬師如来像について説明する京都国立博物館の淺湫毅・連携協力室長=京都市東山区の同館で、清水有香撮影

 特別展覧会「国宝」の会場で目を引くひときわ小さな仏像。京都・仁和寺の「薬師如来坐像(ざぞう)」(1103年)で、像の高さはわずか11センチほどだ。文献などで存在は知られていたが、京都国立博物館の社寺調査で1987年に発見され、90年に国宝指定を受けた。「近隣社寺と連携し、守るべき貴重な文化財を見つけるのも博物館の大事な使命」と同館の淺湫毅(あさぬまたけし)・連携協力室長(…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  2. チリ 「121歳」の男性死亡
  3. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
  4. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
  5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]