メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クロツラヘラサギ

冬支度少しずつ 福岡・多々良川に飛来

夕暮れの多々良川で羽を休める絶滅危惧種のクロツラヘラサギ=福岡市東区松崎で、野田武撮影

 博多湾に近い福岡市東区の多々良川に、今秋も絶滅危惧種のクロツラヘラサギが飛来している。

 トキ科の渡り鳥で全長約75センチ。名前の通り黒い顔と、細長いヘラのようなクチバシが特徴。朝鮮半島北西部や中国で繁殖する。

 保護活動をする環境NPO「ふくおか湿地保全研究会」が、毎年秋に宇美川との合流点にある中州…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです