赤い羽根共同募金

善意の行方公開 福岡市支会がマップ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤い羽根共同募金の使い道が分かる「ありがとうマップ」
赤い羽根共同募金の使い道が分かる「ありがとうマップ」

 今年も年末まで展開されている「赤い羽根共同募金」への関心を高めようと、福岡県共同募金会福岡市支会が、福岡市内のどこでどう寄付金が使われたかを示した「ありがとうマップ」を独自に作成した。「集まった寄付金の使い道が見えづらい」との声に応え、インターネット上で公開している。同支会は「身近な場所で使われていることを知ってほしい」と話している。

 赤い羽根共同募金は戦後、戦争で打撃を受けた福祉施設などを資金援助するため始まり、今年で70年を迎えた。現在も社会福祉の推進が目的で、毎年10~12月に集まった寄付金の多くは、各地の社会福祉協議会や福祉施設などに助成金として振り分けられるが、使途が分かりにくいとの声も多く上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文795文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集