メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別国会

会期39日間 野党、準備不足で力量問われる

 1日召集の第195特別国会の会期が12月9日までの39日間となり、準備不足の野党の力量が問われることになった。政府・与党は、野党の主張を受けて国会論戦に応じる姿勢を示したが、当の野党は、民進党分裂の混乱が収まりきらない。

 立憲民主党の枝野幸男代表は1日、記者団に「早速『辻元国対』が持ち味を発揮し、大きな成果をあげた」と述べ、辻元清美国対委員長が国会質疑の獲得に一役買ったと強調した。ただ同党関係者は「衆院選と、その後の新党の態勢整備で精いっぱい。論戦の準備はこれから」と明かす。

 そもそも衆院側では立憲と希望の党、民進系会派「無所属の会」の事務局が存在しない。「3会派の事務作業…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです