メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近鉄百貨店

本店80周年 創業時の制服で接客

創業80周年を迎え開催された「80年のあゆみ展」の開会式で、新旧の制服を着て笑顔を見せる女性従業員=大阪市阿倍野区のあべのハルカス近鉄本店で2017年11月1日午前9時45分、小関勉撮影

 あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)で1日、前身の大鉄百貨店創業から16日で80年を迎えるのを記念し、歴史を振り返る「80年のあゆみ展」が始まった。21日まで。入場無料。当時のものを復刻した制服の従業員が30日まで案内所で出迎えるほか、各階で80万円のダイヤモンドなど「8」にちなんだ限定商品を用意する。食品売り場でも80周年限定のスイーツなど約50点を販売する。

 開会式では、1977年と現在の案内係員の制服を着た従業員や子どもたちがテープカットした。創業当時のポスターやパンフレット、写真など130点を展示し、制服や包装紙の変遷も紹介する。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 東海道線、横須賀線、事故で一時運転見合わせ JR東日本

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです