メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

「米抜き」協議大詰め 原産地規則持ち越し

TPP交渉の現状

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国が千葉県浦安市で開いた事務レベル会合は1日、3日間の日程を終えた。11カ国は8、9日にベトナム・ダナンで開かれる閣僚会合での大筋合意を目指しており、今回の会合で残された課題は閣僚レベルの政治判断にゆだねられる。米国のTPP離脱から9カ月余り。日本が初めて主導する多国間貿易協定「TPP11」は、紆余(うよ)曲折をたどりながら大詰めを迎えつつある。

 「議長国として裁定案を示してもよいか」。会合2日目の10月31日、議長を務める梅本和義首席交渉官は…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです