東北大

災害救助犬の「やる気」把握 サイバースーツ開発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
モデルの犬に着用させた「サイバースーツ」。心電計などを備え、犬の「やる気」が把握できる。左は開発した大野和則・東北大准教授=東京都内で2017年11月1日午後2時0分、千葉紀和撮影
モデルの犬に着用させた「サイバースーツ」。心電計などを備え、犬の「やる気」が把握できる。左は開発した大野和則・東北大准教授=東京都内で2017年11月1日午後2時0分、千葉紀和撮影

 災害救助犬の「やる気」を遠隔操作で把握できるサイバースーツを開発したと、東北大などの研究チームが1日、発表した。救助犬の集中力が高い状態で活動させれば、効率的な被災者捜索などにつながると期待している。

 チームは犬用ベストに心電計やセンサーを搭載し、電極を体表に密着させて姿勢が変わっても測れるよう工…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

あわせて読みたい

注目の特集