平昌五輪

映える「サンライズレッド」 これが公式ウエア

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
平昌冬季オリンピック・パラリンピック日本選手団オフィシャルスポーツウエアの発表会で記者の質問に答えるスキージャンプの葛西紀明選手(右から4人目)=東京都港区で2017年11月1日午後3時26分、宮間俊樹撮影
平昌冬季オリンピック・パラリンピック日本選手団オフィシャルスポーツウエアの発表会で記者の質問に答えるスキージャンプの葛西紀明選手(右から4人目)=東京都港区で2017年11月1日午後3時26分、宮間俊樹撮影

日本選手団が着用 ジャンプの葛西選手も「燃える気持ち」

 平昌冬季五輪が開幕する来年2月9日まであと100日となった1日、同五輪と平昌パラリンピック(3月9日開幕)の表彰式などで日本選手団が着る公式ウエアが東京都内で発表された。8大会連続の出場を目指すノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明選手(45)=土屋ホーム=は、朝日を想起させる装いに「光が差すエネルギーを感じ、燃える気持ち」と好成績を期した…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

ニュース特集