瀬戸大橋

開通30周年 シンボルマーク決定 鳥の羽をイメージ /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
瀬戸大橋開通30周年を記念して作られたシンボルマーク
瀬戸大橋開通30周年を記念して作られたシンボルマーク

 来年4月の瀬戸大橋開通30周年をPRする県と香川県の記念事業実行委員会は、一般公募していた記念のシンボルマークが決定したと発表した。

 県内外から277作品の応募があり、千葉県山武市の伊東幹夫さんの作品が選ばれた。伊東さんはデザインについて、鳥が羽を広げているように見える構図を元に考案。背中と尾の部…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文234文字)

あわせて読みたい

注目の特集