メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個展

仏像の魅力知って 吉田さん、不動明王像など34体 高知 /高知

愛染明王(左)と不動明王と仏師の吉田安成さん=高知市本町1で、柴山雄太撮影

 東洋町在住の仏師、吉田安成さん(42)の個展「安成展-慈しみ宿す木々」が3日、高知市本町1のファウストギャラリーで始まる。吉田さんは「老若男女問わず、たくさんの人に仏像を見てほしい」と呼び掛けている。入場無料、5日まで。

 吉田さんは岐阜県出身。富山県や埼玉県で修行した後、東京の仏像修復会社に勤務していた。並行して仏像製作を始め、2017年3月から、妻沙織さん(41)の実家がある東洋町に工房を構えて仏師として活動している。

 会場には34体の仏像を展示。普段は北海道の寺に安置されている不動明王と愛染(あいぜん)明王は、3~…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです