メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北九州市立美術館

きょう新装オープン 設計者、磯崎さん「大変満足」 記念の「ターナー」特別展、高階さん講演 /福岡

多くの関係者が出席したターナー展の開会式

 世界的な建築家、磯崎新さん(86)の設計で知られる戸畑区西鞘ケ谷町の北九州市立美術館本館の改修工事が終わり、3日リニューアルオープンする。記念の特別展「英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩」(毎日新聞社など主催)の開会式があった2日、磯崎さんも出席した。また、高階秀爾・大原美術館長の講演があり、公募の市民ら約450人が聴き入った。【塩満温、長谷川容子】

 同美術館は1974年に開館。正面に四角の2本の角が突き出た独特の形で“丘の上の双眼鏡”の愛称で親し…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文747文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです