メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

トランプ米大統領来日へ

(左から)渡辺靖氏、劉鳴氏、パックン・ハーラン氏

 トランプ米大統領が5日来日し、今年1月の就任後初のアジア諸国歴訪を開始する。北朝鮮情勢を巡り安倍晋三首相や習近平中国国家主席らと会談するほか、訪日中には、北朝鮮による拉致被害者の家族との面会も予定されている。大統領当選決定から1年。内外で物議を醸してきたトランプ氏はアジアにどんな足跡を残すだろうか。

この記事は有料記事です。

残り4416文字(全文4567文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです