メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

ヨクチサジの精神

 ソウルで10月末に開かれた「日韓編集セミナー」に参加した。出席したマスコミ関係者は両国から各15人前後。日本新聞協会と韓国新聞放送編集人協会の主催により日韓交互に開かれ、今回が50回目のセミナーである。

 会合では武藤正敏氏(元駐韓国大使)の著書「韓国人に生まれなくてよかった」(悟空出版)が話題になった。基調報告をした韓国紙の記者は「典型的な嫌韓書ではない」としながら、著者は「本当に愛情をこめて韓国の苦しみに共感」していないと否定的な評価だった。

 確かに本を開くと「最悪の大統領 文在寅とは何者か」「執拗(しつよう)な『反日の嵐』が吹き荒れる」「…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです