メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

分析 4品目、価格下落影響大 乳製品、豚肉、牛肉、木材 政府が対策費計上へ

 農林水産省は2日、7月に大枠合意した日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)について、関税の撤廃や削減による国内の農林水産品に対する影響の分析結果を発表した。チーズなどの乳製品や豚肉など4品目については、安価な輸入品増加の影響が最も大きいと分析し、生産者の経営安定対策が必要と指摘した。

 日本側の農林水産品の関税撤廃率は品目数ベースで82・3%。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の82・9%を下回ったが、ほぼ同水準となった。

 分析では、関税引き下げの影響を4段階に分類。最も影響が大きいとされたのは乳製品、豚肉のほか、牛肉と…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです