メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3メガバンク

構造改革へ デジタル化、窓口業務削減

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)など3メガバンクが構造改革に乗り出す。超低金利や人口減といった逆風下でも収益を確保するのが狙いで、デジタル化による業務量の大幅削減や、店舗の統廃合を進め、経営体質改善を図る。3メガバンク全体の業務削減効果は、今後10年間で3万人分を超える見込み。銀行の窓口サービスは様変わりしそうで、実際の従業員数も一定程度は減少する見通しだ。【横山三加子、宮川裕章】

 三菱東京UFJ銀行は、2018年度から3年間で、国内516支店・出張所の1~2割を統廃合する検討を…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1026文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです