連載

子育て親子

子どもの成長に生かせる、学校現場の取り組みや専門家のアドバイスなどを紹介します。

連載一覧

子育て親子

きれいな歯並びでにっこり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
8歳。上あごの真ん中から2番目の歯が左右とも内側に生えている。下あごは前の4本の歯並びがでこぼこ=犬塚さん提供
8歳。上あごの真ん中から2番目の歯が左右とも内側に生えている。下あごは前の4本の歯並びがでこぼこ=犬塚さん提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 子どもの歯が生え変わる頃になると、気になってくるのは歯並びだ。歯並びやかみ合わせの悪さは、見た目のみならず、健康にも影響してくる。子どもの歯科矯正について、全国小児歯科開業医会会長の犬塚勝昭さん(66)に聞いた。

 ●3人に1人が問題

 厚生労働省の歯科疾患実態調査(2016年)によると、12~20歳では叢生(そうせい)(乱ぐい歯、八重歯など歯並びのガタガタ)26・4%▽上顎前突(じょうがくぜんとつ)(出っ歯)6・5%▽反対咬合(こうごう)(受け口)1・9%▽開咬(かいこう)(かみ合わせても上下の前歯が触れず隙間(すきま)ができる)1・8%--などの不正咬合の割合が高い。約3人に1人が、歯並びやかみ合わせに問題を抱えていることがわかる。

 不正咬合は後天的な原因でなることもある。指しゃぶり▽口呼吸▽片方だけでかむ癖▽ほおづえ▽うつぶせ寝--などだ。また、軟らかいものばかりを好んで食べるなど、かむ回数が減るとあごの発達が悪くなり、歯が並ぶスペースが狭くなる。乳幼児の頃からの生活習慣が、大きく影響するようだ。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文2158文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集