メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

きれいな歯並びでにっこり

8歳。上あごの真ん中から2番目の歯が左右とも内側に生えている。下あごは前の4本の歯並びがでこぼこ=犬塚さん提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 子どもの歯が生え変わる頃になると、気になってくるのは歯並びだ。歯並びやかみ合わせの悪さは、見た目のみならず、健康にも影響してくる。子どもの歯科矯正について、全国小児歯科開業医会会長の犬塚勝昭さん(66)に聞いた。

 ●3人に1人が問題

 厚生労働省の歯科疾患実態調査(2016年)によると、12~20歳では叢生(そうせい)(乱ぐい歯、八重歯など歯並びのガタガタ)26・4%▽上顎前突(じょうがくぜんとつ)(出っ歯)6・5%▽反対咬合(こうごう)(受け口)1・9%▽開咬(かいこう)(かみ合わせても上下の前歯が触れず隙間(すきま)ができる)1・8%--などの不正咬合の割合が高い。約3人に1人が、歯並びやかみ合わせに問題を抱えていることがわかる。

 不正咬合は後天的な原因でなることもある。指しゃぶり▽口呼吸▽片方だけでかむ癖▽ほおづえ▽うつぶせ寝--などだ。また、軟らかいものばかりを好んで食べるなど、かむ回数が減るとあごの発達が悪くなり、歯が並ぶスペースが狭くなる。乳幼児の頃からの生活習慣が、大きく影響するようだ。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文2158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです