メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笹子トンネル事故

高速道役員ら書類送検へ 地検、起訴可能性探る

 2012年12月、9人が死亡した山梨県大月市の中央自動車道笹子(ささご)トンネルの天井板崩落事故で、山梨県警は近く、管理会社「中日本高速道路」と保守点検を行っていた子会社「中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京」の当時の両社長を含む役員4人と保守点検の担当者らを業務上過失致死傷容疑で甲府地検に書類送検する方針を固めた。発生から5年近くが経過し捜査は節目を迎えるが、役員らが事故を予測できたかの立証が難航したといい、起訴のハードルは極めて高いとみられる。【滝川大貴、井川諒太郎】

 トンネルは1977年に完成した。トンネル上部に天井板を計2枚並べた構造で、天井から下がったつり金具で固定していた。捜査関係者によると、県警は事故原因について、トンネル最上部に打ち付けていたアンカーボルトが脱落しつり金具が外れ、天井板などが崩落したと断定した。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです