メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笹子トンネル事故

高速道役員ら書類送検へ 地検、起訴可能性探る

 2012年12月、9人が死亡した山梨県大月市の中央自動車道笹子(ささご)トンネルの天井板崩落事故で、山梨県警は近く、管理会社「中日本高速道路」と保守点検を行っていた子会社「中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京」の当時の両社長を含む役員4人と保守点検の担当者らを業務上過失致死傷容疑で甲府地検に書類送検する方針を固めた。発生から5年近くが経過し捜査は節目を迎えるが、役員らが事故を予測できたかの立証が難航したといい、起訴のハードルは極めて高いとみられる。【滝川大貴、井川諒太郎】

 トンネルは1977年に完成した。トンネル上部に天井板を計2枚並べた構造で、天井から下がったつり金具で固定していた。捜査関係者によると、県警は事故原因について、トンネル最上部に打ち付けていたアンカーボルトが脱落しつり金具が外れ、天井板などが崩落したと断定した。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです