ラグビーW杯

19年日本大会 試合日程決定 日本、味スタで開幕戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の試合日程発表会で、記念写真に納まるワールドラグビーのビル・ボーモント会長(後列中央)、五郎丸歩選手(後列右から3人目)、畠山健介選手(同2人目)ら=東京都港区で2日午後5時10分、竹内紀臣撮影
ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の試合日程発表会で、記念写真に納まるワールドラグビーのビル・ボーモント会長(後列中央)、五郎丸歩選手(後列右から3人目)、畠山健介選手(同2人目)ら=東京都港区で2日午後5時10分、竹内紀臣撮影

 日本で開催されるラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)の試合日程発表会が2日、東京都内であり、全48試合の開催日時と会場が発表された。1次リーグA組の日本(世界ランキング11位)は同年9月20日に東京スタジアム(味の素スタジアム)で行われる開幕戦で、欧州予選勝者と対戦することが決まった。

 このほか、日本は1次リーグで、9月28日に静岡・エコパスタジアムでアイルランド(世界ランキング4位)▽10月5日に愛知・豊田スタジアムで欧州・オセアニア・プレーオフ勝者▽10月13日に横浜国際総合競技場(日産スタジアム)でスコットランド(世界ランキング6位)と、それぞれ対戦する。

 11年3月の東日本大震災で被災した岩手県釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム(仮称)では、フィジー(世界ランキング9位)と米大陸予選第2代表の対戦など2試合を実施する。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文819文字)

あわせて読みたい

注目の特集