列車事故

観光特急がトラックに衝突、11人けが 熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 3日午前10時15分ごろ、熊本県八代市坂本町葉木のJR肥薩線坂本-葉木間の佐世野(させの)第1踏切(警報機、遮断機付き)で、荷台にショベルカーを積んで立ち往生していた大型トラックに人吉発熊本行き上り観光特急列車「かわせみ やませみ2号」(3両編成)が衝突した。乗客67人のうち、8~80歳の男女11人が軽傷を負った。

 県警やJR九州によると、トラックは荷台のショベルカーの一部が遮断機のバーにひっかかって動けなくなった。トラックの運転手が踏切の非常停止ボタンを押そうとしたが間に合わず衝突したという。県警は自動車運転処罰法違反(過失致傷)などの疑いも念頭に運転手から事情を聴いている。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文642文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集