メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

「4品目で生産者の経営安定対策が必要」指摘

農水省分析 乳製品など価格下落 補正予算案に対策費計上へ

 農林水産省は2日、7月に大枠合意した日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)について、関税の撤廃や削減による国内の農林水産品に対する影響の分析結果を発表した。チーズなどの乳製品や豚肉など4品目については、安価な輸入品増加の影響が最も大きいと分析し、生産者の経営安定対策が必要と指摘した。

 日本側の農林水産品の関税撤廃率は品目数ベースで82.3%。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文820文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです