ウズベキスタン

ゾロアスター教の板絵 帝塚山大が発掘

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
発掘調査で見つかった板絵の起こし図=帝塚山大提供
発掘調査で見つかった板絵の起こし図=帝塚山大提供

 ウズベキスタンのサマルカンド市にあるシルクロード都市の遺跡「カフィル・カラ城」を発掘調査していた帝塚山大(奈良市)は2日、ゾロアスター教(拝火教)の儀式の様子を表現した浮き彫り板絵(縦1.3メートル、横1.4メートル)が、初めて本来の姿が分かる形で見つかったと発表した。板絵には正倉院(奈良市)に残る宝物の楽器も描かれ、中央アジアがシルクロード交流の重要地域であったことを示す貴重な資料になるという。

 調査は今年9月、ウズベキスタン考古学研究所と共同で実施。カフィル・カラ城は中央アジア最大のシルクロード都市、アフラシアブ城の東南30キロにあり、王の離宮とみられる。板絵は玉座と推定される場所から見つかった。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文726文字)

あわせて読みたい

ニュース特集