メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウズベキスタン

ゾロアスター教の板絵 帝塚山大が発掘

発掘調査で見つかった板絵の起こし図=帝塚山大提供

 ウズベキスタンのサマルカンド市にあるシルクロード都市の遺跡「カフィル・カラ城」を発掘調査していた帝塚山大(奈良市)は2日、ゾロアスター教(拝火教)の儀式の様子を表現した浮き彫り板絵(縦1.3メートル、横1.4メートル)が、初めて本来の姿が分かる形で見つかったと発表した。板絵には正倉院(奈良市)に残る宝物の楽器も描かれ、中央アジアがシルクロード交流の重要地域であったことを示す貴重な資料になるという。

 調査は今年9月、ウズベキスタン考古学研究所と共同で実施。カフィル・カラ城は中央アジア最大のシルクロード都市、アフラシアブ城の東南30キロにあり、王の離宮とみられる。板絵は玉座と推定される場所から見つかった。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです