メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

選挙でお祭りの楽しさを 全国センキョ割学生実施委員会メンバー 熊崎美優さん(18)

「選挙権を得て、昨年とは全く意識が変わった」と語る全国センキョ割学生実施委員会の18歳メンバー、熊崎美優さん=東京都世田谷区で2017年10月31日、丸山博撮影

 投票すれば飲食店などでお得なサービスを受けられる「センキョ割」を広める活動を、衆院選でやりました。慶応大学1年ですが、高校時代に通った予備校の先生から声を掛けられたのがきっかけです。選挙に行った後、センキョ割によってお祭りのような楽しさを感じてもらいたい。投票所でもらえる「投票済証」か、投票所の看板を背景に自分を撮った写真を参加店舗に見せると、デザートが付いたり、ドーナツが半額になったりします。5日まで東京・下北沢などでやっています。

 活動はやりたい時にやり、熱く政治を語るわけではありません。10月上旬都内のシェアオフィスに呼ばれ、…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです