メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

在日ロヒンギャ 戻れない祖国、平安祈り

 群馬県館林市の閑静な住宅地の中にある「クバモスク」。入り口には英語で「ロヒンギャを助けよう」と書かれたポスターが張られている。ここでは、日本に住むパキスタン人やバングラデシュ人などに交じり、ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が祈りをささげていた。

 日本に暮らすロヒンギャは約230人と言われており、同市にはその約9割の200人ほどが集まっているという。その中の一人、ジャファール・アハマドさん(57)は迫害を恐れ、2004年に日本へ逃れた。ミャンマーでは大学で歴史学を学ぶ学生だったが、大学2年の時に反政府デモに参加したことをきっかけに、逮捕され5年間投獄された。道路を作る作業中に逃亡し、兄の助けを借り出国した。しかし、自分を助けた罪で兄は2年間投獄された。今は姉2人と一緒にミャンマー西部のラカ…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文889文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです