メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬戸山隆三の球界ウラ話

プロ野球/8 実を結んだ球場改革 2005年10月--ロッテが日本一

阪神に4連勝して日本一を決め、喜び合うロッテの選手たち=阪神甲子園球場で2005年10月26日、梅村直承撮影

 プロ野球界に混乱をもたらした球界再編を経て、「改革元年」とされた2005年シーズン。ボビー・バレンタイン監督率いるロッテは31年ぶりにリーグ優勝を果たし、日本シリーズでも阪神に4連勝し日本一。振り返ると、本拠地で迎えた開幕戦は新規参入した楽天・岩隈久志(現米マリナーズ)の好投もあり、1-3で初陣を飾られてしまった。しかし翌日の2戦目は先発全員安打、26得点と大勝し球場は沸き返った。この年、球界だけでなくロッテの改革も実を結んだ。

 04年に球団代表に就任したものの、当時は1996年から万年Bクラス。関係各所にあいさつに行くと、当…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1121文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです