メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

学校でも社会問題の議論を カナダ人教師・ピーター・ハウレットさん

ピーター・ハウレットさん=安味伸一撮影

 中学、高校で英語を教える傍ら、環境保護活動に携わるカナダ人教師、ピーター・ハウレットさん(62)が著書「変えよう! 日本の学校」を柏艪(はくろ)舎(札幌市)から出版した。「自分の頭で考え、自分で行動を起こす人を育てるエンパワーメント(活力を与える)教育が必要だ」と提言する。

 ハウレットさんは父親が宣教師で、札幌市生まれ。カナダの大学…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  4. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」
  5. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]