メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

学校でも社会問題の議論を カナダ人教師・ピーター・ハウレットさん

ピーター・ハウレットさん=安味伸一撮影

 中学、高校で英語を教える傍ら、環境保護活動に携わるカナダ人教師、ピーター・ハウレットさん(62)が著書「変えよう! 日本の学校」を柏艪(はくろ)舎(札幌市)から出版した。「自分の頭で考え、自分で行動を起こす人を育てるエンパワーメント(活力を与える)教育が必要だ」と提言する。

 ハウレットさんは父親が宣教師で、札幌市生まれ。カナダの大学…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです