メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道貨車

100年ぶり帰郷 四日市産、日本最古? 解体寸前 貨物鉄道博物館あす公開 /三重

 明治期に四日市市で製造された鉄道貨車が、約100年ぶりに三重に帰郷した。引退後は茨城県の関東鉄道竜ケ崎駅車庫で余生を送っていたが、解体寸前に鉄道愛好家らが関東鉄道と交渉し、9月下旬に譲渡された。いなべ市大安町のNPO法人「貨物鉄道博物館」で5日に一般公開される。現存する貨車としては日本最古の可能性もあるという。

 鉄道貨車は1900(明治33)年に関西鉄道(現JR関西線・草津線)四日市工場で製造され、1921(…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文717文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  3. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  4. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし
  5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]