メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久美浜高

居場所は図書室 「飲食コーナー」に延べ530人 一人を楽しんで /京都

昼休みに図書室の飲食コーナーで弁当を食べる生徒たち=京都府京丹後市の府立久美浜高で、塩田敏夫撮影

 今春、京丹後市の府立久美浜高の図書室の一角に飲食コーナーができた。「一人になりたい」「他人の目を気にしないで過ごしたい」--。そんな思いの生徒たちが集まり、昼休みに弁当を食べたり、絵を描く時間を過ごしている。利用人数は延べで530人を超え、生徒たちの「居場所」となっている。

 学校図書館司書の伊達深雪さん(40)の話では、10年以上前から学校のトイレにパンを食べた跡が残っていたり、階段下におにぎりの袋が残る光景があり、ずっと気になっていた。

 一人で弁当を食べている姿をクラスメートに見られたくない。最近では、こうした理由で中高校生や大学生がトイレの中で食事するケースが増えているといい、「便所飯」という言葉も生まれている。伊達さんがある生徒に声をかけたところ、「中学生までは便所飯が当たり前だった」との答えが返ってきた。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. 感謝状 迷子の4歳女児保護 お手柄の能古見小5年・熊本さんに 鹿島署 /佐賀

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです