メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
造形作品展

身近なものカラフルに 現代美術家と障害者タッグ 県立近代美術館で12日まで /徳島

大切にしているものや身の回りのものにテープを貼り、色で溢れる造形作品展の会場=徳島市八万町の県立近代美術館で、蒲原明佳撮影

 徳島市八万町の県立近代美術館ギャラリーで、造形作品展「遊びをせんとや生まれけむ」が開かれている。2020年東京五輪・パラリンピックに向けて文化の交流を広げるため、障害がある人と現代美術家が昨年から始めた。「遊び」をテーマに、身近なものにマスキングテープを貼って変身させ、明るい空間を作り出している。

 社会福祉法人悠林舎(林正敏理事長)らが企画。8~9月、今年から参加す…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. ORICON NEWS ASKA脱退 Chage「とても残念な思い」コメント発表[全文]

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  5. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです