メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

先天性の心臓病、16歳で震災関連死 胡桃さんの思い出トーク 遺作詩集出版記念、母や教諭ら語る /熊本

胡桃さんとの思い出を語る松尾教諭

 先天性の心臓病を患い、昨年の熊本地震で体調が悪化して16歳で亡くなった松崎胡桃(くるみ)さん=熊本市東区=の詩集「まま そだて ありがと」の出版記念トークサロンが3日、同市の熊本機能病院であった。母の久美子さん(48)らが、胡桃さんの日常などを振り返った。

 胡桃さんは生後直後から2度の大手術と7カ月間の入院生活を経験。自宅に戻ったが、2歳時に胸の痛みで緊急入院。寝たきりとなり、会話もできなくなった。熊本地震の際には、かかりつけだった熊本市民病院が被災し、耐震基準の問題から受け入れを断られ、自宅で療養生…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです