メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

先天性の心臓病、16歳で震災関連死 胡桃さんの思い出トーク 遺作詩集出版記念、母や教諭ら語る /熊本

胡桃さんとの思い出を語る松尾教諭

 先天性の心臓病を患い、昨年の熊本地震で体調が悪化して16歳で亡くなった松崎胡桃(くるみ)さん=熊本市東区=の詩集「まま そだて ありがと」の出版記念トークサロンが3日、同市の熊本機能病院であった。母の久美子さん(48)らが、胡桃さんの日常などを振り返った。

 胡桃さんは生後直後から2度の大手術と7カ月間の入院生活を経験。自宅に戻ったが、2歳時に胸の痛みで緊急入院。寝たきりとなり、会話もできなくなった。熊本地震の際には、かかりつけだった熊本市民病院が被災し、耐震基準の問題から受け入れを断られ、自宅で療養生…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです