メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第32回『古事記』 案内人・酒井順子(その1)

オオクニヌシが白ウサギを助けたとされる白兎海岸を歩く酒井順子さん。後方右は淤岐ノ島=鳥取市で、いずれも大西岳彦撮影

 10月の古名は「神無月」。国中の神が地元を留守にするためだ。神々は『古事記』の現場・出雲に集うという。何を談合しておわすのか--酒井順子さんが訪ねた。

 タイトルは知っている、けれど完読したことはない。……というのが古典文学の常ですが、中でも『古事記』は、その代表格ではないでしょうか。

 しかし読んでみれば面白いのが、『古事記』。その重要な舞台の一つである出雲(現・島根県)には、神在月すなわち旧暦十月に神々が全国からやって来て、縁結びなどの話し合いを行うということで、出雲へ行ってきました。

 まず降り立ったのは、鳥取空港。『古事記』といえば「因幡(現・鳥取県)の白兎(しろうさぎ)」であるわけで、白兎が神として祀(まつ)られているという、鳥取市の白兎(はくと)神社へと向かいました。

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです