メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 今村昌弘さんの『屍人(しじん)荘の殺人』(東京創元社)は、鮎川哲也賞受賞のデビュー作にして、度肝を抜く本格ミステリーだ。雪に降り込められた山荘、絶海の孤島など、周囲から切り離されたクローズドサークルという本格によくある舞台装置を奇抜な方法で現出させた。それが何か、ここでは明かせない。肝の一つだからお許しを。

 「ミステリ愛好会」所属の大学生、葉村譲と明智恭介は映画研究会の夏合宿に潜り込む。OBのペンションに…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文846文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
  5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]