メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメ小説・今月の推し!

度肝抜く本格 内面描く戦国

 今村昌弘さんの『屍人(しじん)荘の殺人』(東京創元社)は、鮎川哲也賞受賞のデビュー作にして、度肝を抜く本格ミステリーだ。雪に降り込められた山荘、絶海の孤島など、周囲から切り離されたクローズドサークルという本格によくある舞台装置を奇抜な方法で現出させた。それが何か、ここでは明かせない。肝の一つだからお許しを。

 「ミステリ愛好会」所属の大学生、葉村譲と明智恭介は映画研究会の夏合宿に潜り込む。OBのペンションに…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです