メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道

全日本選手権 熊本県警・西村、返り咲き

 剣道の第65回全日本選手権が3日、東京・日本武道館で行われ、一昨年優勝の西村英久五段(熊本県警)が2回目の優勝を飾った。西村は決勝で、過去優勝3回の内村良一七段(警視庁)を相手にコテを2本決めて勝利した。前回優勝の勝見洋介六段(神奈川県警)は、2回戦で敗れた。

攻めのコテ貫く

 2度目の優勝を果たした西村が決めてきた一本は、1回戦を除いて全てコテ。決勝でも開始の合図とともに前に飛び出して即座にたたき込むと、6分過ぎに再び相手の手元が浮いたところを、逃さず打ち込んだ。「コテは自分の得意技。最後まで(力を)出し切ろうと思った」。自身の剣道を体現し、充実した表情で振り返った。

 2年前に初優勝を飾ったが、昨年は準々決勝で敗退した。「(これまでは)打たれたくない、負けたらダメだ…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです