メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

「ロヒンギャ迫害伝える」 警察襲撃に参加、武装組織メンバー証言 難民に紛れ「次の指示待つ」

 ミャンマー西部ラカイン州で治安部隊と戦闘を続ける少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の武装組織「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)に所属する男の戦闘員(36)が、毎日新聞の取材に応じた。約60万人の難民を生んだ治安部隊との衝突につながった、8月25日の州内の警察施設を標的にした襲撃にも加わったという。外国人による訓練や難民キャンプに多くの戦闘員が潜伏していることなど、これまで明らかになっていない事実も証言。「国籍をもらえないロヒンギャの迫害状況を世界に知らせるのが目的だ」とARSAの行動を正当化した。(3面にクローズアップ)

 ARSAは昨年10月以降、ラカイン州で治安部隊と戦闘を続けるロヒンギャの新しい武装組織。ミャンマー…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1139文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです