メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倉敷市

星野仙一氏に文化章 活躍「劣等感がバネ」

伊東香織・倉敷市長(左)から市文化章を受け取る星野仙一氏=同市役所で2017年11月3日午前10時8分、小林一彦撮影

3球団で監督、リーグ制覇

 岡山県倉敷市の文化向上・発展に功績のあった市ゆかりの人物が対象の市文化章が、プロ野球の選手や監督として活躍した市出身の星野仙一氏(70)に贈られることになり、贈呈式が3日、市役所であった。【小林一彦】

 星野氏は市立小・中学校卒業後、倉敷商業高、明治大のエースとして活躍。プロ野球では中日投手として闘志あふれるプレーで人気を博した。その後、監督として中日、阪神、楽天の3球団をリーグ優勝に導き、2013年には楽天の日本シリーズ初制覇を実現した。現在…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]