メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ戦闘員

「ミャンマー国籍認めよ」独立要求否定

各国のロヒンギャ難民数(推計)とARSAのアタウラー司令官の動き

 「我々はテロリストではない」。毎日新聞の取材に応じたミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の武装組織「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)の男の戦闘員(36)は低い声に力を込めた。一方で、ミャンマー軍との戦闘激化の要因になった警察施設襲撃を認め、その詳細を語った。ロヒンギャの大量難民化に国際社会の懸念が高まる中、戦闘員の証言は問題の複雑さを浮き彫りにした。

 大量のロヒンギャ難民が集まるバングラデシュ南東部コックスバザール。難民キャンプに近い山道に止めた車…

この記事は有料記事です。

残り2139文字(全文2374文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです