メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東京国際映画祭

グランプリはトルコ人監督作品

 第30回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが3日、東京のEXシアター六本木で開かれ、最高賞の「東京グランプリ」には、環境破壊などで穀物が育たなくなった近未来の地球を描いたトルコのセミフ・カプランオール監督の「グレイン」(トルコ、ドイツなど合作)が選ばれた。

 表彰の壇上で、カプランオール監督は「我々の生活は世界にさまざまな害を与えている。もう一度、人間に価値…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです