東日本実業団駅伝

若手と中堅の力かみ合う 富士通2位

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

東日本実業団対抗駅伝(3日)

 若手と中堅の力がかみ合った富士通が2位と躍進した。首位と約1分差の7位でたすきを受けた4区の2年目、横手が「区間賞を狙っていた」という言葉通りの好走で、流れを引き寄せた。昨年の大会でアンカーで大きく順位を落とした5区の27歳、佐藤が「借りを返したかった」と日立物流の設楽…

この記事は有料記事です。

残り68文字(全文218文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集