東日本実業団駅伝

主力温存の貫禄勝ち Honda

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

東日本実業団対抗駅伝(3日)

 アンカー勝負を制したHondaの松村が右拳を小さく握ってフィニッシュラインに飛び込むと、久しぶりに会心の駅伝を見せた選手たちに笑顔が広がる。9月にハーフマラソンの日本新を出した設楽ら主力3人を温存しての貫禄勝ちだった。

 「代役」の意地だ。2シーズン、不調で駅伝を走れなかった6区・上野は3位でたすきを受けると果敢に攻め、先頭の日立物流と3秒差の2位でつなぐ。昨季は故障でメンバー落ちした7区・松村も安定した走りで…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集