メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忍性

生誕800年 立像建立し除幕 つくば・宝篋山 /茨城

除幕式に臨む、左から制作者の小張隆男さん、田中密敬・極楽寺住職、東郷重夫・宝篋山整備隊代表ら関係者=つくば市小田の宝篋山山頂で

 社会事業に尽くしたとされる鎌倉時代の僧侶、忍性(にんしょう)の生誕800年を記念して、その立像がゆかりのあるつくば市の宝篋山(ほうきょうさん)に建立され、除幕式が4日に行われた。

 ボランティア団体「宝篋山整備隊」の東郷重夫代表らが、標高461メートルの山頂に建立した。東郷代表によると、忍性は弱者の…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです