メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

大谷句仏 明治・大正期の俳人 東本願寺法主で伯爵 /徳島

 大谷句仏(おおたにくぶつ)(1875~1943年)明治・大正期の東本願寺法主、俳人、本名大谷光演(こうえん)。京都府出身。

 人名辞典で「大谷句仏」を探してもなかなか出てこない。本名で出ているからだ。真宗大谷派の22世法主大谷光瑩(こうえい)(現如)の次男。法名は彰如、号は愚峰(ぐほう)、俳名句仏。

 10歳で得度。1900(明治33)年各宗派を代表して仏骨奉迎正使としてタイへ渡った。08年23世法主となり17(大正6)年に朝鮮、中国東北部(満州)を巡場。一方、鉱山事業に失敗。25(大正14)年責…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 「不安乗り越えられた」宮原、手応えの6位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです