連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

「ブラック部活」にNO 声上げ始めた先生たち

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
部活動の現状を巡り、関連本の刊行が相次いでいる=和田大典撮影
部活動の現状を巡り、関連本の刊行が相次いでいる=和田大典撮影

 <access>

 学校の部活動を見直す動きが本格化している。生徒の貴重な成長の場である一方、教員の過重労働が指摘されているのだ。年内に発足する「日本部活動学会」に現役教師が参加するなど現場も声を上げ始めた。しかし、その多くは匿名や仮名だ。部活動への異論はなぜ職場で口にしづらいのか。学校現場の同調圧力やその背景を、先生たちの声から読み解くと……。【小国綾子】

 いま、ツイッター上で「部活未亡人」という言葉が飛び交っている。休日返上で部活動にかかわる教員を夫に持つ妻を指す。「部活孤児」は、そんな教員を親とする子どもたち。果ては「部活離婚」という話も。教員や家族が次々と悲惨な現実を匿名で投稿する。

この記事は有料記事です。

残り1709文字(全文2008文字)

あわせて読みたい

注目の特集