メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『無冠、されど至強』=木村元彦・著

 (ころから・2484円)

 副題は「東京朝鮮高校サッカー部と金明植の時代」。たとえば1970年代の習志野高校。あるいは日大山形、清水商業。ファンであれば「高校サッカーの強豪校」、と気づくだろう。こうした列強のみならず、全国選手権の優勝6回を誇る帝京高校が、その全盛期にさえ歯が立たなかった高校サッカー部の歴史と人間模様を描いた。

 在日コリアン2世で、71~86年に東京朝鮮高校サッカー部監督を務めた金明植氏と教え子たちが中心だ。…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文483文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 出動現場で高級腕時計盗む 容疑の巡査部長逮捕 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです