メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業主導保育所

効果は 待機児童解消へ政府推進 復職の頼みの綱に 基準緩く安全懸念

遊びながら親の帰りを待つ子どもたち=神奈川県平塚市の企業主導型保育所「ニチイキッズ平塚ラスカ保育園」で

 待機児童対策の切り札として政府が推進する「企業主導型保育所」。今年度はすでに、昨年の3倍以上の開設申請があるなど企業の関心は高く、認可保育所の整備が追いつかない中で、保護者の頼みの綱ともなっている。一方で課題も多く、どこまで待機児童解消に役立つかは未知数だ。【藤沢美由紀】

 神奈川県平塚市の駅ビルに6月オープンした「ニチイキッズ平塚ラスカ保育園」は、日本生命とニチイ学館による企業主導型保育所だ。0歳の長男を通わせる日本生命の女性社員(36)は、居住する横浜市で認可保育所に入れず、認可外でもキャンセル待ちと言われた。「ここがなければ復職できなかった」と話す。地域の子どもを受け入れる「地域枠」を利用して、1歳の長女が入所した平塚市のパートの女性(33)は、出産を機に仕事を辞めたため、認可保育所への入所は難しく、同園へ預けることで再就職できたという。

 両社は来年度中に、同園のような地域住民も利用できる保育所を全国で計100カ所(総定員約1800人)…

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1651文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです