メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
企業主導保育所

効果は 待機児童解消へ政府推進 復職の頼みの綱に 基準緩く安全懸念

遊びながら親の帰りを待つ子どもたち=神奈川県平塚市の企業主導型保育所「ニチイキッズ平塚ラスカ保育園」で

 待機児童対策の切り札として政府が推進する「企業主導型保育所」。今年度はすでに、昨年の3倍以上の開設申請があるなど企業の関心は高く、認可保育所の整備が追いつかない中で、保護者の頼みの綱ともなっている。一方で課題も多く、どこまで待機児童解消に役立つかは未知数だ。【藤沢美由紀】

 神奈川県平塚市の駅ビルに6月オープンした「ニチイキッズ平塚ラスカ保育園」は、日本生命とニチイ学館による企業主導型保育所だ。0歳の長男を通わせる日本生命の女性社員(36)は、居住する横浜市で認可保育所に入れず、認可外でもキャンセル待ちと言われた。「ここがなければ復職できなかった」と話す。地域の子どもを受け入れる「地域枠」を利用して、1歳の長女が入所した平塚市のパートの女性(33)は、出産を機に仕事を辞めたため、認可保育所への入所は難しく、同園へ預けることで再就職できたという。

 両社は来年度中に、同園のような地域住民も利用できる保育所を全国で計100カ所(総定員約1800人)…

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1651文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです