トランプ米大統領

きょう来日 異例ずくめ、ゴルフ外交 松山選手同伴「トランプ氏の希望」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領と安倍首相が松山英樹選手を交えてラウンドする予定の霞ケ関カンツリー倶楽部・東コース=埼玉県川越市で2017年11月2日、本社ヘリから
トランプ米大統領と安倍首相が松山英樹選手を交えてラウンドする予定の霞ケ関カンツリー倶楽部・東コース=埼玉県川越市で2017年11月2日、本社ヘリから

霞ケ関カンツリー倶楽部の五輪用コース

 トランプ米大統領が5日に来日して、安倍晋三首相と2020年東京五輪の会場となる埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部でラウンドする。今年の全米オープンで日本勢過去最高の2位と活躍した松山英樹選手(25)が同伴だ。普段は閑静な名門コースは突然の「ゴルフ外交」の舞台となり慌ただしく準備が進められている。

 倶楽部の会員や関係者によると、コース使用の打診があったのは衆院選の最中だった先月中旬。五輪会場というだけでなく、周辺に高い建築物もなく、敷地も広いため、移動のヘリコプターの着陸地点を確保しやすいなど警備上の理由が大きいとみられている。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1030文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集