メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

中国杯 樋口2位、届かず 1.36点差「ほんとに悔しい」

 【北京・福田智沙】グランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯は4日、女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)2位の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)はジャンプをすべて決め、フリー2位の141・99点をマークし、合計212・52点で2位に入り、GPファイナル(12月、名古屋)に望みをつないだ。SP7位の三原舞依(シスメックス)は巻き返してフリー3位の139・17点、合計206・07点で4位。SP6位の本田真凜(大阪・関大高)はフリー5位の131・42点、合計198・32点で5位だった。昨季世界ジュニア女王でSP4位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がフリー1位の144・44点で合計213・88点で逆転優勝。GPシリーズデビュー戦を勝利で飾った。

 男子フリーはSP4位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)がフリー8位の247・17点で7位に沈んだ。…

この記事は有料記事です。

残り2199文字(全文2573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです