メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

団栗

トガリネズミであるとは=渡辺政隆

 コウモリであるとはどのようなことか? これはかつて哲学者が発した有名な問いである。超音波でナビをするコウモリは、われわれとは全く異なる感覚世界に生きている。なので、科学的な観察をいくら積み重ねたところで、コウモリの気持ちは理解しようがない。

 ならば人と同じ陸上の哺乳類についてはどうか。心が通じていると信じたいネコやイヌの本当の気持ちすら計り知れない。ましてや、最小の哺乳類でミミズを主食とするトガリネズミの気持ちに至っては、何をかいわんやだろう。

 だいいちトガリネズミは、頭のサイズを小さくすることで寒い冬を乗り切るというのだ。体長6~8センチで…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文622文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]