メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水爆マグロ

高知の学芸員、実相知りたい ビキニで汚染

マグロが埋められたという現場近くで、岩本雅之さん(左)から当時の様子を聞く藤原義一さん=高知市で2017年10月20日、岩間理紀撮影

 1954年に米国が太平洋・ビキニ環礁付近で実施した水爆実験の放射線で汚染され、廃棄された「水爆マグロ」の痕跡を追っている人がいる。高知市の「平和資料館・草の家」の学芸員、藤原義一さん(70)。骨やうろこが残っていれば、残留放射線を検出できる可能性がある。被災者の高齢化が進む中、被害の実相になんとか迫ろうとする取り組みだ。

 「小学生のころ、授業でここにきて、大きなマグロが次々に埋められるのを友達と一緒に見た」。10月20…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1071文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです