メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

福島・富岡出身74歳「新たな晩年」へ転回 更地にした家見た途端思った。「帰らないと」

新しく建てる自宅の前に立つ遠藤武さん=福島県富岡町で2017年10月28日午後3時59分、藤原章生撮影

 親しくしていた人が、突然、故郷に帰ると言い出した。福島県富岡町を離れて6年余。避難先の郡山市に住民票を移し、もうここで晩年を送ろうとしていたその人は、ある光景を目にした瞬間、帰郷を決めた。私はそこに人間の不思議を思った。【藤原章生】

 遠藤武さん(74)に初めて会ったのは4年半前、2013年の春だった。駐在記者として福島県郡山市に住み始めた私は、近所の仮設住宅によく通った。そこには11年3月の東京電力福島第1原発事故から逃れてきた富岡町の住民約400人が暮らしていた。親しくなった人に毎週土曜日に開かれるお茶会に招かれ、何度か通ううち、自治会長をしていた遠藤さんと知り合った。私は1年後に転勤したが、付き合いは続いた。

 住人の大方が仮設住宅を去り、郡山市の災害復興住宅などに移り住んだこの秋、遅い夏休みをとった私は1年…

この記事は有料記事です。

残り2349文字(全文2710文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「美しい顔」と芥川賞=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]