メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

新設3施設見直し 削減額427億→361億円

 2020年東京五輪・パラリンピックで東京都が整備する新設の3施設について、小池百合子知事が会場の見直し作業で昨年12月に最大427億円削減するとしてきたが、その後の都の再検討で整備費が66億円増え、削減額は361億円にとどまることが分かった。

 関係者によると、339億円としてきたバレーボール会場の「有明アリーナ」(江東区)は屋根や外壁工事、エレベーターの仕様変更などにより18億円増の357億円になる見込み。また、298…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです